アパマン店長「可燃性ガスという認識はなかった」 スプレーからガスの匂いがしなかったのが原因か…

no title

1: サーバル ★ 2018/12/20(木) 10:18:27.43 _USER9.net

札幌市の不動産会社の店舗で爆発が起き、42人がけがをした火事で、爆発の原因とみられるスプレー缶は、噴射してもガスの臭いがほとんどしないことが捜査関係者などへの取材でわかりました。警察は店長が危険性に気付かずに、店舗内で大量のスプレー缶をまいた可能性があるとみて調べています。

今月16日の夜、札幌市豊平区平岸の不動産会社の店舗で爆発があり、店舗が入る建物が全焼して、隣の居酒屋の客など42人がけがをしました。

捜査関係者によりますと、不動産会社の店長らは「廃棄処分する除菌消臭用のスプレー缶、およそ120本を室内でまいた」と話していて、スプレー缶のガスを一気に抜いたことが、爆発につながったとみられます。

このスプレー缶は、噴射してもガスの臭いがほとんどしないことが捜査関係者やメーカーへの取材でわかりました。メーカーによりますと、スプレー缶は可燃性ガスのジメチルエーテルのほか、マツやヒノキなど10種類の樹液が使われていて、噴射した際には木の香りがするということです。

店長は不動産会社に対し、「可燃性ガスという認識はなかった」と話しているということです。

警察は店長が危険性に気付かずに、店舗内で大量のスプレー缶をまいた可能性があるとみて、当時の状況を調べています。 

2: 名無しさん@1周年 2018/12/20(木) 10:19:21.28
いや
説明文読めよ

19: 名無しさん@1周年 2018/12/20(木) 10:25:15.80
<div data-res=" いや
説明文読めよ ” class=”anchor” style=”color:Blue;display: inline;text-decoration: underline;”>>>2

缶に大きく記載あるよなw
もっと大きく記載しないと駄目なんか?