地球平面論者「南極は地球と外を区切る氷の壁、宇宙は存在しない」

1 : [sage] :2020/01/01(水) 22:35:12.53 ID:IvYDS6Sq0.net BE:754019341-PLT(12346)

世界に広がる「地球平面説」 その背景にあるものは?

「地球平面論者(フラットアーサー)なんかになりたくない」――。デビッド・ワイスさんは、うんざりした声で自身の「目覚め」を振り返る。「朝起きて全員にばかにされるなんて嫌だろ?」

だが今や、ワイスさんはれっきとした地球平面論者だ。4年前に地球の丸みを確かめようとしたものの証拠は見つからず、それ以来、地球が平らで静止しているとの説を熱心に信じてきた。

(省略)

デビッドソンさんが地球平面論の初心者に明確にしたいのは次の3点だ。まず最も重要なことは「地球が宇宙を飛ぶパンケーキだとは誰も信じていない」。平面論者が信じているのは単に、宇宙空間が存在しないこと、世界が静止していること、月面着陸の場面がねつ造であることだけだ。

第2に、地球の端から転落することはない。地球平面論者の世界観にはばらつきがあるが、大半は地球が円盤状で、周りを取り囲む南極が氷の壁の役割を果たしていると考えている。

(省略)

全文
https://www.cnn.co.jp/fringe/35146840.html


続きを読む

Source: まとめたニュース
地球平面論者「南極は地球と外を区切る氷の壁、宇宙は存在しない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)