「麒麟がくる」新キャスト発表!ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)、安藤政信(柴田勝家)、間宮祥太朗、本郷奏多も出演

no title

1: 名無しのがるび 2020/02/19(水) 13:23:50.58

NHK大河『麒麟がくる』新出演者にユースケ、間宮祥太朗ら4人

俳優の長谷川博己主演で、NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』 (毎週日曜 後8:00 総合ほか)の新たな出演者が19日に発表され、 ユースケ・サンタマリア、間宮祥太朗、本郷奏多、安藤政信の出演が決まった。

同ドラマは、本能寺の変を起こした明智光秀(長谷川)を通して描かれる戦国絵巻。
仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか。
戦国初期、群雄割拠の戦乱を生きる、各地の英雄たちを最新の研究による新しい解釈も取り入れながら描いていく。
作者は池端俊策氏ほか。

朝倉義景役のユースケ・サンタマリアは「朝倉義景じゃ。1日だけ撮影やりまして。私、NHK大河ドラマ初めての出演。 何もつかめないまま本番を迎え、わけもわからないまま、ずっと長谷川博己君と1日、暗中模索の中、監督と話し合いながら、結局何もつかめないまま終わった。つかみどころのない感じが非常によかったみたいで。歴史上の史実通りにいくのか、オリジナルがあるかわかりませんが、楽しんで盛り上げられたなと。乾杯」とマイペースに語った。

近衛前久役を務める本郷奏多は「僕も大河ドラマ初めて出演。そうそうたるメンバーの中にお邪魔させていただいてうれしい。 関白というポジションで非常に偉いんですね。そうそうたるみなさんが僕に頭を下げてくれるのはさぞ気持ちがいいんだろうなと(笑)。迷惑をかけないように」と初出演に意気込んだ。

同じく大河初出演の安藤政信は柴田勝家役。「僕自身も大河初出演ですし、大河ドラマ自体見たことないっていう。 知識がなくて。役者にとっての戦場でも成長の場でもあるし、おととい初めて撮影の所作をやったんですけど、 15分くらいで『完璧です』って言われて『本当なの?』って(笑)」と回顧。
続けて「撮影が本当に心配なんですよね。自分だけ動きがおかしかったらどうしようって。 ちょっと何を言っているかわからなくて、すみません、大河マジックということで(笑)」と笑顔で濁した。

明智左馬助(秀満)役を演じる間宮祥太朗は「僕も初大河ドラマでして、所作だったり言葉遣いがとにかく難しくて、 僕もまだ何もつかめていないんですけど、ずっと発表まで名前がふせられているスケジュール。
ようやく発表されて心が晴れ晴れした気持ちです」とにっこり。「僕は光秀さんについていこうと思っていますし、 役どころもそうですけど、長谷川さんにいろいろ教えていただきながら、精いっぱいついていけたら」と謙虚に語った。

ORICON NEWS 


続きを読む

Source: ガールズVIPまとめ
「麒麟がくる」新キャスト発表!ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)、安藤政信(柴田勝家)、間宮祥太朗、本郷奏多も出演

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)