【一方日本は】幼女たち(6・4歳)がお小遣いでトイレットペーパーとティッシュを購入し、困っている高齢者たちの元へ届ける 豪州


no title



1: 名無しのがるび 2020/03/10(火) 17:32:14

クイーンズランドに住むアディソンちゃん(6)とルーシーちゃん(4)は、お小遣いでトイレットペーパーとティッシュを購入。木製のカートに積んで街の高齢者の家を回り、買えずに困っている人たちに渡していったのだ。

ペトリーナ・マクガイアさんがソーシャルメディアで共有した写真では、娘のアディソンちゃんと親友のルーシーちゃんがおもちゃを片手に、大事な荷物を運ぶ様子が見られる。

この投稿が共有されるやいなや、たくさんのいいね!と感動のコメントが寄せられた。

“思慮深さは年齢とは関係ないんだね”

“彼女たちを誇りに思うよ、困っている時に手を差し伸べられるなんて、これこそ無条件の愛だ”

“この子たちの人を思いやる心を見習うべき大人はたくさんいるね。ふたりにいいことがありますように!”

金曜日の夜にスーパーで空の状態のトイレットペーパーの棚を見て、娘のアディソンちゃんはこのアイディアを思いついたのだと、マクガイアさんはオーストラリア版「デイリー・メール」に語った。

アディソンちゃんは母親になぜ棚にトイレットペーパーがないのかたずね、買い占めの状況を知ると心配し始めたという。そして自分のお小遣いを使って、買いに行けなくて困っている人たちを助けられるのではないかと考えたのだ。

かわいいふたりの訪問を受けた高齢者たちは大喜び。ある女性はトイレットペーパーを受け取る代わりにおもちゃを手渡した。また、体調不良で出歩けないお向かいさんの分ももらう男性もいたという。

非常時とはいえ、トイレットペーパーひとつで人間性の違いがこんなにも出るとは驚きだ。醜い争いごとはさっさと水に流し、アディソンちゃんのような思いやりの心あふれる世の中になってほしいものだ。

ソース 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200310-00000003-courrier-int&p=1

我が国
【コロナ】高齢者たちがトイレ紙やティッシュを毎朝買って家にためてるって話を聞いた。この後、別のスーパーにも行くんだって★6
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1583823264/


//platform.twitter.com/widgets.js
続きを読む

Source: ガールズVIPまとめ
【一方日本は】幼女たち(6・4歳)がお小遣いでトイレットペーパーとティッシュを購入し、困っている高齢者たちの元へ届ける 豪州

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)