河北麻友子、11歳当時の“国民的美少女ショット”を披露!「そりゃ選ばれる」【画像】

モデルでタレントの河北麻友子さん(28)が2020年4月18日付のインスタグラムで、「全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞した2003年当時の写真を公開しました。

ネット上では「そりゃ選ばれる!」、「本当に美少女」、「気の強そうな眉毛が可愛すぎ」などと、絶賛の声が挙がっています。

※11歳の頃の一枚。
trophy_school_girl.png

1.河北麻友子の「全日本国民的美少女コンテスト」当時の写真

//www.instagram.com/embed.js

整った眉毛や、凛とした瞳が大人っぽく、当時11歳だったようにはみえない“国民的美少女ショット”。

インスタライブでも話してた、芸能界入りするきっかけになった全国民的美少女コンテストの時の写真」とのことで、2020年4月18日にモデル・桐谷美玲さん(30)とコラボで開催したインスタライブで話題にした「第9回全日本国民的美少女コンテスト」(2003年8月)に参加した当時の写真のようです。

インスタライブでの河北さんによると、アメリカ・ニューヨークに住んでいた「11歳の時」に、「マミーがこんなすごい名前のコンテストがあるんだよ」と教えてくれて、「これ受かったら、日本に行けるじゃん」とひらめき、「お家にあるデジカメで、マミーにパシャパシャ撮ってもらって(写真)を送」り、その後の選考を通過し、約10万人の中からグランプリに選ばれたのだとか。

インスタグラムでは「美でしかない」、「当時から顔が出来上がってますね」、「透明感とまつ毛の上がり具合半端ない!」などと、絶賛の声が出ていました。

また、桐谷さんも「完成度 この緊張してるムムっていう口が好き」と、モデル・玉城ティナさん(22)も「まつげぱーっちりだー」と、タレント・武井壮さん(46)も「ふっくらしててかわいい」と、絶賛していました。

2.河北麻友子の「全日本国民的美少女コンテスト」エピソード

河北さんといえば、オスカープロモーションが主催する「第9回全日本国民的美少女コンテスト」(2003年8月)で、約10万人の中から“グランプリ”と“マルチメディア賞”をW受賞したことをきっかけに、芸能界入りしたことで知られています。

河北さんは当時、ニューヨークのミドルスクールに通う7年生で(日本の小学6年生)、コンテストでは「I wanna be a superstar」と英語でコメントしたほど(情報元:ZAKZAK)。

同コンテストの海外在住者によるグランプリ受賞は河北さんが初めてでしたし、国内外での活躍が期待される逸材だったといえます。

また、この年のコンテストでは、審査員特別賞に星川玲奈さん(28、TBS・皆川玲奈アナウンサー)や、グラビア賞にタレント・原幹恵さん(32)が選ばれました。

3.まとめ

河北麻友子さんが「全日本国民的美少女コンテスト」当時の11歳頃の写真を公開しました。

毎週土曜日が恒例となっている、親友・桐谷美玲さんとコラボしたインスタライブでは、ファンの質問に答える形で和気あいあいとしたトークを繰り広げており、自宅で過ごす時間をうまく活用しているようです(4月18日のインスタライブでは、最後に桐谷さんの夫で俳優の三浦翔平さんも写り込んで話題になりました)。

今後もインスタライブを楽しみにしたいですし、意外なエピソードとともに懐かしい写真なども披露してくれると嬉しいものです。

★最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

人気ブログランキング

Source: 芸能7days
河北麻友子、11歳当時の“国民的美少女ショット”を披露!「そりゃ選ばれる」【画像】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)