浜辺美波、10歳の頃の“オーディションショット”を公開!「かわいいシンデレラ」【画像】

女優・浜辺美波さん(20)が2021年1月9日付のインスタグラムで、芸能界入りのきっかけとなった「第7回東宝シンデレラオーディション」に参加した10歳の頃の写真を公開しました。

ネット上では「美少女過ぎ」、「かわいいシンデレラ」、「めっちゃ面影残ってる」などと、絶賛の声が挙がっています。

※10歳の時の初々しい一枚。
syukatsu_audition.png

1.浜辺美波の10歳ショット

//www.instagram.com/embed.js

胸に9番のナンバープレートを付けた花柄の洋服姿の浜辺さんが、マイクの前で微笑んでいる“10歳ショット”で、ボーイッシュなショートヘアもお似合いです。

上記の写真は、今から「ちょうど10年前」となる2011年1月9日に開催された「第7回東宝シンデレラオーディション」のオフショットで、浜辺さんはそこでニュージェネレーション賞を受賞したことをきっかけに芸能界入りしました。

ちなみに、この時のグランプリが女優・上白石萌歌さん(20)で、審査員特別賞が女優・上白石萌音さん(22)でした。

浜辺さんはそのオーディションで、「明るくて優しい女優さんになりたい」と抱負を述べたそうですが、「常に明るく優しくいることって本当に難しい」と、現在の胸の内を明かしました。

それでも、「あのときの自分に胸を張れる人になりたい」と、その目標にブレはないようです。

インスタグラムでは「いやもう天使すぎるわ」、「完成された可愛さ」、「べーやんの決意というか目標というか…とても素敵な考えだと思います」などと、絶賛の声が出ていました。

2.映画「空色物語」の完成披露試写会のムービー

浜辺さんは上記の通り、2011年1月の「第7回東宝シンデレラオーディション」の後、オムニバス映画「空色物語」(2011年11月29日公開、浜辺さんは「アリと恋文」で主演)で主演を務めました。

その完成披露試写会(舞台挨拶)のムービーを振り返ってみましょう。

浜辺さんは上白石萌歌さん、女優・小川涼さん(20)、上白石萌音さんとともに登壇し、作品の感想を聞かれると、「私のアップとかが写って、すごい夢みたいでした」と嬉しそうに話していました。

そして、将来どんな女優さんになりたいかを聞かれた際には、「明るくて、裏表がなくて、優しい女優さんになりたいです」と、はっきり答えていました。

3.まとめ

浜辺美波さんが、芸能界入りのきっかけとなった10年前の「第7回東宝シンデレラオーディション」のオフショットを披露しました。

エンタメ誌「日経エンタテインメント!」の連載「気ままに美波」などを読んでも、浜辺さんはいつも自分と向き合い、自分にできることとできないことを明確にしながら、前に進まれている気がします。

もうすでに「明るくて優しい女優さん」へと成長されているかと思いますが、これからも真っ直ぐに、時には肩の力を抜きながら駆け抜けて行ってほしいものです。

合わせて読みたい→ 浜辺美波、水も滴る“6歳水着ショット”を公開!「超美少女」「出来上がってる」【画像】

※浜辺美波さんの裏話は こちらからどうぞ

Source: 芸能7days
浜辺美波、10歳の頃の“オーディションショット”を公開!「かわいいシンデレラ」【画像】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)